民泊を代行して空き部屋を有効活用しよう!

保証は貸主にも恩恵がある

積まれた硬貨

賃貸経営の安定化に寄与

入居希望者が賃貸物件を借りる際には連帯保証人を用意する必要がありますが、中には連帯保証人を用意できない人もいます。そういった方向けのサービスとして広まりつつあるのが家賃債務保証であり、メリットは貸主の側にも存在します。貸主にとって家賃債務保証を活用することで享受できるメリットには、入居率が高まりやすい点が挙げられます。収入にも問題のない優良な入居希望者であっても、高齢者であったり、家族関係が希薄で連帯保証人を準備できない人が少なくありません。しかし家賃債務保証が用意されている賃貸物件ならば入居条件が下がるため、より入居希望者が集まりやすくなります。もう1つの家賃債務保証を活用するメリットに、賃貸経営の安定化があります。借主が家賃を滞納した際には家賃債務保証を提供する会社が貸主に代わって弁済してくれるため、確実な賃料収入が毎月得られるためです。借主の滞納を起因とするトラブルも無くなるため、貸主の管理業務のスムーズ化にも役立ちます。また家賃債務保証は万が一入居者の身に何かが起きた場合も、貸主への金銭的な負担の軽減に繋がるメリットがあることも、活用されている理由の1つです。仮に入居者が失踪や入院した場合、残置物処理費用なども発生するため貸主側には大きな出費が生じがちです。しかし家賃債務保証に加入していれば、それらの処理費用の肩代わりや手続きの一部も代行してくれます。このように家賃債務保証は入居希望者だけでなく、貸主の側には活用する複数のメリットが存在するため、近年は賃貸物件に付随するサービスの1つとして定着しつつあります。